65歳までの 

雇用機会の確保が

義務化になりました

 

 高年齢者が生きがいを持って

 暮らせる社会を築くためには、

 長年、培ってきた豊富な知恵や知識、

 技術や技能を活かしながら、

 働き続けることのできる65歳現役社会の実現を!!

 

平成16年6月に改正された高年齢者雇用安定法により、平成18年4月1日から高年齢者の雇用を確保するための環境を整備することが求められています。
徳島県中小企業団体中央会では現在取り組んでいる徳島労働局委託事業「65歳雇用導入プロジェクト」の一環で、企業が65歳まで継続的に雇用する為の環境を整えるための方法を当ホームページでご紹介いたします。

改正高年齢者雇用安定法のポイント

 

現在の定年制に応じた改正高年齢者雇用安定法への対応方法

  • 現在、定年制がない企業

  • 現在、定年が65歳以上の企業
     現在、定年制がない企業、または65歳以上の定年制がある企業につきましては、既に改正高年齢者雇用安定法に対応しているため、定年制の内容を改定する必要はありません。

  • 現在、定年が65歳未満の企業

 

高年齢者雇用に関する参考データ

関連リンク(65歳継続雇用関連)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

徳島県中小企業団体中央会

65歳雇用導入プロジェクト

TEL(088)654-4431

FAX(088)625-7059

閉じる