<外部委託先との秘密保持に関する覚書>
 
個人情報の秘密保持に関する覚書
 
 ○○○○協同組合(以下「甲」という。)と           (以下「乙」という。)とは、業務委託契約書(以下「契約書」という。)に基づく、○○・○○・○○業務及びこれに付随する業務における個人情報の秘密保持に関し、次のとおり覚書を締結する。
 
(個人情報の秘密保持)
第1条 乙は、本件業務の遂行及び契約の履行に関して知り得た個人情報(※氏名、生年月日その他個人を特定できる項目を具体的に列挙する。)を契約期間中のみならず、基本契約解除後も複製、第三者に開示、漏えいし、本件業務の遂行以外のいかなる目的にも使用してはならない。
 
(業務遂行と管理業務)
第2条 乙は、本件業務の遂行に当たり、甲乙両者間で定められた個人情報に係る処理方法を遵守し、十分な配慮をもってこれを管理するとともに、迅速、かつ、誠実にこれを遂行するものとする。
2 乙は、甲より提供を受けた個人情報への不当なアクセス又は個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏えい等の危険に対して、技術面及び組織面において合理的な安全対策を講じるものとする。
3 乙は、甲より提供を受けた個人情報について、本件業務の終了後、業務内容に定められた期間保管し、期間満了後には責任をもって削除を行うものとする。
 
(個人情報の開示・訂正・削除請求への対応)
第3条 乙は、情報主体である本人から、自己(本人)に関する情報開示の請求があった場合は、速やかに甲に報告しなければならない。
2 乙は、本人であることを確認したうえで、原則として可能な限りこれに応じるものとする。
3 乙は、個人情報に誤りがあって、情報主体である本人より訂正又は削除の請求を受けた場合は、速やかに甲に報告するとともに、遅滞なくその請求に応じるものとする。
 
(損害賠償等)
第4条 乙は、甲より提供を受けた個人情報への不当なアクセス又は個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏えい等の事故が発生した場合は、速やかに甲に報告しなければならない。
2 甲及び乙は、第1項の個人情報への不当アクセス又は個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏えい等の事故が発生した場合は、その原因について協議し、調査を行い、損害の拡大防止に必要な措置を講じるものとする。
3 前項の事故が乙の責に帰すべきものであると認められた場合は、乙は、事故調査、損害の拡大を防止するために講じた措置に要する合理的費用(損害賠償金を含む。)の負担を負うものとする。なお、当該求償権の行使は、甲の乙に対する損害賠償請求権の行使を妨げるものではない。
4 第1項の事故が乙の本覚書の違反に起因する場合は、乙は、前3項のほか、当該事故の拡大防止や収集のために必要な措置について、別途、甲からの指示に従うものとする。
 
(関係者への遵守徹底)
第5条 乙は、個人情報を知り得る可能性のある乙の従業員に、本覚書の内容を周知徹底のうえ、遵守させるものとする。
 
 
 本覚書締結の証として本書2通を作成し、甲乙記名押印のうえ、各1通を保有する。
 
 
平成○年○月○日
 
 
(甲)
〒○○○−○○○○  徳島県○○○○
×××協同組合
代表理事    △△ △△
 
(乙)
〒○○○−○○○○  徳島県○○○○
×××株式会社
代表取締役   △△ △△

Down Road <Word.RTF><一太郎.jfw


<個人情報保護方針>(例)<個人情報保護規程>(例)


<個人情報保護に関して、組合等中小企業連携組織が参考となるWebサイト>