景況関連の報告のページへ        

 

 

10月の県内景況調査結果の概要
 

1.主要指標の前年同月比DI値の動き

 先月全項目においてDI値が好転したが、「資金繰り」「設備操業度」は大きく悪化に転じ、「販売価格」「取引条件」やや悪化となった。「景況」「雇用人員」は横ばい、「売上高」「収益状況」はやや好転した。

 

2.県内中小企業の景気の現状

 好天に恵まれ売上高が伸びた業種もあるが、冬物への移行が遅れている業種も見られた。原油価格もやや落ち着いてきているが、依然としてコストアップに石油関連製品の影響が見受けられ、苦しい状況が続いている。

 

 

最近の主要指標の前年同月比DIの推移

 

H17

10月

11月

12月

H18

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

増 減

景況

-24.5

-16.3

-12.2

-16.3

-28.6

-32.7

-32.7

-32.7

-36.7

-34.7

-28.6

-24.5

-24.5

0.0

売上高

-18.4

-12.2

6.1

-10.2

-22.4

-24.5

-26.5

-38.8

-34.7

-24.5

-20.4

-8.7

-6.1

2.6

収益状況

-32.6

-16.3

-14.3

-24.5

-26.5

-32.7

-34.7

-38.8

-32.7

-36.7

-44.9

-30.6

-28.6

2.0

販売価格

-12.2

- 4.1

- 8.2

-6.1

-12.2

-16.3

-22.4

-8.2

-16.3

-10.2

-12.2

-6.1

-8.2

-2.1

取引条件

-12.2

- 4.1

0.0

-2.0

- 8.2

-18.4

-10.2

-8.2

-12.2

-10.2

-8.2

-2.0

-4.1

-2.1

資金繰り

- 4.1

- 2.0

-4.1

-10.2

-10.2

-6.2

-20.4

-18.4

-18.4

-24.5

-10.2

-6.1

-12.2

-6.1

設備操業度

-10.0

0.0

-10.0

-10.0

- 5.0

-10.0

-20.0

-25.0

-10.0

-5.0

-20.0

5.0

-10.0

-15.0

雇用人員

-14.3

- 6.1

-6.1

-12.2

-18.4

-18.4

-14.3

-10.2

-20.4

-12.2

-21.6

-6.1

-6.1

0.0