景況関連の報告]平成18年10月分

景況DIのページへ              

製造業

食料品製造業

繊維・同製品

木材・木製品

印刷

化学ゴム

紙・紙加工品

窯業・土石製品製造業

鉄鋼・金属工業

一般機器

非製造業

卸売業

小売業

商店街

サービス業

建設業

運輸業

 

【製造業】

<食料品製造業>

味  噌

前年同月との比較では、生産量は96.9%となり前月の反動なのか減少に転じた。出荷量は97.9%と小幅ながら減少傾向が続いている。原料大豆のうち中国大豆の価格は、ほとんど変化はみられなかった。

菓  子

10月中頃より少し売上が増加したようである。天候の関係もあり、又祭り等の催事もあるため、これからのシーズンに向かって好転のようで、少しは元気を出して頑張っていきたい。

 

<繊維・同製品>

帆  布

トラック用、幌シートが悪化。店舗用テントも相変わらず悪い。

 

<木材・木製品>

木  材

原木高、製品安が続いており採算は厳しい状況が続いている。

木  材

原木の市況は杉横這い、桧は強含みの展開となっている。製品市況は横這い。

木  材

晴天が続き木材の入荷量が増加。単価は横這い状態。売上量に期待する。

 

<窯業・土石製品製造業>

生コン

生コン出荷量は、

対前年同月比 88.2%(H18年10月105,717 H17年10月119,802)と減少した。

地域別に見ると、

徳島85.3% 那賀106.9% 三好61.2% 神山98.8% 南部139.0% 海部65.3

となっている。

 

<鉄鋼・金属工業>

ステンレス

コスト要因である原油についてはやや落ち着いてきており、金利上昇懸念も一段落した状態だが、経済全般においてはいまだデフレの状態であると思われる。売上上昇要因があまりない状態ではまずコストを押さえる努力が必要になってくる。

 

<一般機器>

機械金属

自動車関連業種や付加価値を持った業種は活況であるが、旧態前とした業種は不振が続いているように見受けられる。

 

  

【非製造業】

<卸売業>

ガ  ス

GIF価格値下げ、現在ガス料金にはまだ高い。

 

<小売業>

電機機器

地上デジタル放送開始で10月に入って少し動きが良くなった。又地域によっては合同展示会でかなりの売上があった。

柑  橘

早生みかん等は本年は非常に数量が少なく、その上夏の日照に玉が小さく、今のところあまり高値に売れてなく、生産者にとってはあまり良い年ではない。晩生を期待している。

石  油

夏以降の価格上昇の影響で、消費は大幅に減少している。市場では価格競争が始まっている。

  

<商店街>

徳島市

商店街・専門店街ともに低調であるが個店対応によるイベントで昨年対比をクリアしている店舗も少なくない。今年度末までに閉店の店もあり中央と地方の格差が浮き彫りになっている。一つ明るい話題は商店街の大型店の跡の開発目処がたった事である。

徳島市

大企業の景気は良くなったと言われているが、零細な商店街などは、まだまだ不振に喘いでいるのが常態だ。冬物衣料も暖かいせいか、まだまだ売れ行き不振のようだ。

阿南市

歳末大売出しに向けての勢いが全くない。現状を保って行くことも、難しい状況である。

 

<サービス業>

不動産業

不動産流通の三本柱、住宅系物件、事業用物件、賃貸物件共、需給のバランスが改善されないまま、長期低迷に推移し、明るさは当分見られない状況である。

クリーニング

特に大きな変化はないが、依然として石油及び石油関連製品がコストアップに及ぼす影響が大きい。

旅  館

徳島市内日観連の宿泊人員(10月分)は28,256人であり、対前年比94.6%とやや減少した。

 

<建設業>

電気工事

住宅新設口数 412軒<対前年比125.2%>

 

<運輸業>

貨物運送業

油脂の値下り傾向あり、更なる下落を期待している。

貨物運送業

住宅着工の増と、加工食品の動きが、良かった。

 

 ページトップへ