景況関連の報告のページへ        

 

 

2月の県内景況調査結果の概要
 

1.主要指標の前年同月比DI値の動き

 販売価格・資金繰り・設備操業度・雇用人員は上昇、景況・売上高・収益状況・取引条件は悪化。

       

2.県内中小企業の景気の現状

 原油高や原材料費の上昇、需要の低迷を受けて売上高や収益が落ち込んでいる状況。それらに加えて東日本で起きた震災の影響が今後大きく影響してくる業種もあると思われる。

 


最近の主要指標の前年同月比DIの推移

 

H22

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

H23

1月

H23

2月

増 減

景況

-63.3

-63.3

-42.9

-49.0

-59.2

-47.9

-49.0

-57.1

-32.7

-24.5

-36.7

-38.8

-46.9

-8.1

売上高

-55.1

-36.7

-34.7

-28.6

-42.9

-43.8

-32.7

-24.5

-24.5

0.0

-2.0

-20.4

-30.6

-10.2

収益状況

-55.1

-57.1

-36.7

-44.9

-40.8

-43.8

-32.7

-49.0

-38.8

-20.4

-34.7

-34.7

-40.8

-6.1

販売価格

-36.7

-30.6

-14.3

-20.4

-22.4

-20.8

-24.5

-28.6

-16.3

-22.4

-12.2

-10.2

-6.1

4.1

取引条件

-26.5

-26.5

-20.4

-18.4

-28.6

-16.7

-12.2

-18.4

-4.1

-4.1

-8.2

-16.3

-26.5

-10.2

資金繰り

-40.8

-38.8

-28.6

-24.5

-26.5

-29.2

-28.6

-22.4

-20.4

-12.2

-22.4

-26.5

-24.5

2.0

設備操業度

-30.0

-26.3

-10.5

5.3

-30.0

-36.8

-15.8

-10.5

-10.5

10.5

21.1

-10.5

0.0

10.5

雇用人員

-32.0

-28.6

-14.3

-24.5

-18.4

-16.7

-22.4

-20.4

-14.3

-12.2

-10.2

-12.2

-8.2

4.0