景況関連の報告のページへ        

 

 

6月の県内景況調査結果の概要
 

1.主要指標の前年同月比DI値の動き

 販売価格が大きく減少した。景況・売上・収益は多少改善されている。その他の項目に関しては横這いもしくは少しではあるが改善が見られる。

       

2.県内中小企業の景気の現状

 県内においては震災の影響は大分落ち着いて来ているように思われるが、まだ少し引きずっている部分もあるようだ。状況としては相変わらず好転の気配はあまりなく厳しい状況である。現時点では四電からの具体的な夏場の節電目標は提示されていないが、節電を余儀なくされ設備の操業度の低下などが起きる可能性もある。

 


最近の主要指標の前年同月比DIの推移

 

H22

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

H23

1月

2月

3月

4月

5月

H23

6月

増 減

景況

-59.2

-47.2

-49.0

-57.1

-32.7

-24.5

-36.7

-38.8

-46.9

-59.2

-61.2

-59.2

-51.0

8.2

売上高

-42.9

-43.8

-32.7

-24.5

-24.5

0.0

-2.0

-20.4

-30.6

-24.5

-40.8

-38.8

-32.7

6.1

収益状況

-40.8

-43.8

-32.7

-49.0

-38.8

-20.4

-34.7

-34.7

-40.8

-49.0

-42.9

-46.9

-40.8

6.1

販売価格

-22.4

-20.8

-24.5

-28.6

-16.3

-22.4

-10.2

-10.2

-6.1

-6.1

-2.0

-4.1

-14.3

-10.2

取引条件

-28.6

-16.7

-12.2

-18.4

-4.1

-4.1

-16.3

-16.3

-26.5

-24.5

-18.4

-18.4

-18.4

0.0

資金繰り

-26.5

-29.2

-28.6

-22.4

-20.4

-12.2

-26.5

-26.5

-24.5

-28.6

-16.3

-18.4

-16.3

2.1

設備操業度

-30.0

-36.8

-15.8

-10.5

-10.5

10.5

-10.5

-10.5

0.0

0.0

-5.3

-10.5

-10.5

0.0

雇用人員

-18.4

-16.7

-22.4

-20.4

-14.3

-12.2

-12.2

-12.2

-8.2

-16.3

-10.2

-12.2

-10.2

2.0