景況関連の報告]平成23年11月分

景況DIのページへ              

製造業

食料品製造業

繊維・同製品

木材・木製品

印刷

化学ゴム

紙・紙加工品

窯業・土石製品製造業

鉄鋼・金属工業

一般機器

非製造業

卸売業

小売業

商店街

サービス業

建設業

運輸業


【製造業】

<食料品製造業>

味  噌

前年同月との比較では生産量は100.8%となり微増した。出荷量は99.3%で減少幅は縮小したものの荷動きは悪い。主原料のうち輸入大豆の価格は横這いのままである。もう一方の外国産米の価格も変動無し。

菓  子

予想を超える暇な状態です。なんともならない現況で年末にかけてが心配です。


<木材・木製品>

木  材

11月に入り木材需要好季節でもあり、各製材所原木丸太の買気旺盛で手当買いの状況ではあるが製品価格の転換には及ばず、大きな動きなく横這いの状況で推移している。

木  材

生産・荷動き共に低調。

木  材

東日本大震災の影響もほとんどなくなり単価も元に戻ったが、不景気基調が戻らず徳島県下の新築木造住宅の戸数がこの数年にないほどに落ち込んだ。


<印 刷>

印  刷

先月あった用紙の価格上昇(10%)に続き、今月はフィルムやPS版の価格上昇があった。材料費の上昇が価格に上乗せ出来ず更に収益を圧迫させている。

<窯業・土石製品製造業>

生 コ ン

11月は新規受注物件少なく売上減となった。国・県・市工事については排水工事・河川改修工事等小口が多く、数量的には少ないため利益幅が薄く現状維持が手一杯。

<鉄鋼・金属工業>

鉄  鋼

産廃関連機器等においては回復の兆しが見えてきたが、全体的には依然として厳しい状況に変わりはない。

ステンレス

国内での設備投資は、受注に至っても価格競争が厳しい状況が続いています。国外向けも円高水準で推移したままの状態であり、価格競争等厳しい状況です。また原油価格高騰も懸念しています。

<一般機器>

機械金属

一部自動車関連ではタイの洪水の影響があったが、現在では回復に向かっている。


【非製造業】

<卸売業>

液化石油ガス

需要増の時期に入り小幅な値上がり。前月比15$高。原油高に比べ小幅な上昇となった。原油熱量換算は86.4%

食 糧 卸

福島県内において基準値を超えるセシウムが検出され、米の消費に影響が出そうです。

木 材 卸

前月に引き続いて外伐(特に欧州伐)製材市況は円高ユーロ安から弱含みで推移。売上は前年比横這いで推移。

繊 維 卸

徳島県内に出来た大型ショッピングセンターの影響で、徳島市内での購買行動が弱体化して空洞化が加速していくように思われる。特にファッション関係の出店率が多いので、市内の既存店は対応が迫られる。

<小売業>

電気機器

昨年同期と比較すると、映像機器は大幅に減少し、白物(洗・冷)等は昨年と変わらず。その中でもLED照明は大幅増。太陽光システムも徐々にではあるが伸びてきている。太陽光発電に関する補助金制度が必要である。

プロパンガス

組合員から太陽光発電の設置依頼が多く、年明け以降も忙しいと聞いた。ガス屋でも設置できるということを知らなかったお客もいたそうなので、周知案内をもっと積極的に各販売店が知識をつけて行うべきである。

畳小売業

一般家庭用のリフォームが少ない。工務店・建築現場の仕事は遅れ気味で12月納品が多くなると思われる。原材料が高騰し、利益を圧迫している。しかも手に入りにくいものが主に下級品で、品薄感が強い。

<商店街>

徳 島 市

暖かい日々が続き後半やっと秋らしい季節になるも不景気感は相変わらずで厳しさはさらに加速しそうである。人の動きが商店街・専門店街とも鈍い状況で、厳しい冬の商戦になりそうである。

阿 南 市

11月は特にイベントは無く、12月のクリスマスイベントに備えて準備しているが、好転の見込みは小さい。

<サービス業>

旅 館

徳島市日本観光旅館連盟の宿泊人員(11月分)は、24149人であり、前年対比102.9%となっている。

自動車整備

11月の登録車の新車登録は対前年比プラス33%、軽自動車の新車も対前年比プラス16.3%。しかし対前年度プラスでも4年前の補助金なし時と同レベルである。

旅 行 業

相変わらず組合員個々により差異がある。販売価格・取引条件は不変と感じている者も多い。全体として団体客は平年並みながら人数の減少があり、個人客の手配旅行が少なくなったように思われる。

不 動 産

今年後半かなり不動産が動いているようで原因は調査中です。


<建設業>

建 設 業

国の補正予算が成立し、防災関連予算がついた。国土交通省関係で約100億円、県関係で約65億円となっている。

電気工事業

住宅新設口数は、149件(対前年比56.6%)と大幅に減少した。

板金工事業

新築・リフォーム物件が少しずつ増えてきたようだ。もう少し収益が上がると良いがなかなか上がらない。

<運輸業>

貨物運送業

一般貨物輸送は前年度水準に推移しているが、取扱業種により増減がある。軽油価格が上昇しており、収益面において依然として厳しい状態にある。

貨物運送業

全体的に低調となっている。土木・建築関係も年末が近づいているが動きが少ない。来年度は震災関連予算確保のため、ますます落ち込むことが予想される。

 ページトップへ