景況関連の報告のページへ        

 

 

4月の県内景況調査結果の概要
 

1.主要指標の前年同月比DI値の動き

 4月は8指標中6指標が上昇。中でも「設備操業度」は2桁の上昇。「売上高」は横ばい。「取引条件」は減少となった。

       

2.県内中小企業の景気の現状

 消費税駆け込み需要後の前年同月に比べ景況が更に悪化しており、多くの業界が長期化するデフレから脱却できない状況にある。売上高・収益状況共に好転した企業もある中で業種によっては、円安による原材料高や燃料高、また労働力不足を不安視する声も寄せられており、中小企業に対する風当たりは厳しい状況であると言える。

 


最近の主要指標の前年同月比DIの推移

 

H26 

4月

 

5月

 

6月

 

7月

 

8月

 

9月

 

10月

 

11月

 

12月

H27

1月


2月


3月


4月

増 減

景況

-10.2

-12.2

-16.3

-18.4

-28.6

-20.4

-24.5

-28.6

-18.4

-22.4

-18.4

-32.7

-26.5

6.2

売上高

-8.2

-22.4

-14.3

-4.1

-28.6

-18.4

-6.1

-12.2

-12.2

-38.8

-24.5

-22.4

-22.4

0.0

収益状況

-26.5

-22.4

-16.3

-10.2

-28.6

-22.4

-24.5

-20.4

-26.5

-34.7

-20.4

-20.4

-16.3

4.1

販売価格

6.1

-2.0

-2.0

4.1

4.1

0.0

4.1

-2.0

6.1

8.2

-2.0

-2.0

6.1

4.1

取引条件

-4.1

-16.3

-8.2

-6.1

-10.2

-4.1

-6.1

-2.0

-4.1

-8.2

-6.1

-4.1

-6.1

-2.0

資金繰り

-8.2

-4.1

-4.1

-4.1

-4.1

-2.0

-2.0

-10.2

-14.3

-10.2

-8.2

-12.2

-8.2

4.0

設備操業度

16.7

-11.1

0.0

5.6

-22.2

-16.7

-16.7

-16.7

-16.7

-27.8

-11.1

-38.9

-27.8

11.1

雇用人員

6.1

-2.0

-2.0

-6.1

6.1

0.0

-2.0

-12.2

-8.2

-4.1

-10.2

-2.0

0.0

2.0