景況関連の報告のページへ        

 

 

8月の県内景況調査結果の概要
 

1.主要指標の前年同月比DI値の動き

 8月のDI値は8指標中3指標が僅かに増加。「売上高」は2桁の大幅な減少となった。「設備操業度」「雇用人員」の2指標は横這い。

       

2.県内中小企業の景気の現状

 景況と収益状況で回復が見受けられるものの、売上高の大幅な減少に 加えて、収益状況はマイナス30ポイントからの脱却が難しい状況で あり、本格的な景気回復の兆しは見られない。原材料費の値下がりや 新商品開発による業況の好転の兆しが見え始めたという明るい話題が ある一方で大都市との景気の格差に悩む声も聞かれ、中小企業の景気 動向は引き続き注視が必要である。

 


最近の主要指標の前年同月比DIの推移

 

H26 

8月

 

9月

 

10月

 

11月

 

12月

H27

1月


2月


3月


4月


5月


6月


7月

 

8月

増 減

景況

-28.6

-20.4

-24.5

-28.6

-18.4

-22.4

-18.4

-32.7

-26.5

-30.6

-34.7

-28.6

-24.5

4.1

売上高

-28.6

-18.4

-6.1

-12.2

-12.2

-38.8

-24.5

-22.4

-22.4

-26.5

-30.6

-10.2

-24.5

-14.3

収益状況

-28.6

-22.4

-24.5

-20.4

-26.5

-34.7

-20.4

-20.4

-16.3

-32.7

-34.7

-32.7

-30.6

2.1

販売価格

4.1

0.0

4.1

-2.0

6.1

8.2

-2.0

-2.0

6.1

4.1

6.1

-6.1

2.0

8.1

取引条件

-10.2

-4.1

-6.1

-2.0

-4.1

-8.2

-6.1

-4.1

-6.1

-6.1

-12.2

-6.1

-14.3

-8.2

資金繰り

-4.1

-2.0

-2.0

-10.2

-14.3

-10.2

-8.2

-12.2

-8.2

-10.2

-12.2

-4.1

-10.2

-6.1

設備操業度

-22.2

-16.7

-16.7

-16.7

-16.7

-27.8

-11.1

-38.9

-27.8

-33.3

-16.7

-16.7

-16.7

0.0

雇用人員

6.1

0.0

-2.0

-12.2

-8.2

-4.1

-10.2

-2.0

0.0

-10.2

-16.3

-6.1

-6.1

0.0