景況関連の報告のページへ        

 

 

2月の県内景況調査結果の概要
 

1.主要指標の前年同月比DI値の動き

 28年2月のDI値は8指標中3指標が上昇。特に「資金繰り」は2桁の大幅な上昇となった。4指標においては小幅ながら下落。「景況」 は横這いであった。

       

2.県内中小企業の景気の現状

 一部の業界では原油価格の下落が続いている事により、収益状況が好 転し、また建設業の一部の業種においては概ね順調な稼働状況を維持し ている。一方、未だ多くの県内中小企業が需要の伸び悩みを感じており、 景気が停滞しているとの声も寄せられている為、全体として県内の中小 企業の景気感は足踏み状態と言える。引き続き中国など海外経済の減速 リスクが高まる中、マイナス金利政策導入により設備投資意欲回復に期 待が寄せられるものの、一部業界への影響や人口減少に伴う需要密度の 低下、労働力不足も懸念されており、県内中小企業は今後も予断を許さ ない状況である。

 


最近の主要指標の前年同月比DIの推移

 

H27

2月


3月


4月


5月


6月


7月

 

8月

 

9月

 

10月

 

11月

 

12月

H28

1月

2月

増 減

景況

-18.4

-32.7

-26.5

-30.6

-34.7

-28.6

-24.5

-16.3

-26.5

-32.7

-20.4

-28.6

-28.6

0.0

売上高

-24.5

-22.4

-22.4

-26.5

-30.6

-10.2

-24.5

-20.4

-18.4

-34.7

-18.4

-22.4

-26.5

-4.1

収益状況

-20.4

-20.4

-16.3

-32.7

-34.7

-32.7

-30.6

-20.4

-28.6

-36.7

-28.6

-18.4

-12.2

6.2

販売価格

-2.0

-2.0

6.1

4.1

6.1

-6.1

2.0

2.0

0.0

-2.0

4.1

0.0

4.1

4.1

取引条件

-6.1

-4.1

-6.1

-6.1

-12.2

-6.1

-14.3

2.0

-2.0

-6.1

-2.0

-2.0

-8.2

-6.2

資金繰り

-8.2

-12.2

-8.2

-10.2

-12.2

-4.1

-10.2

-14.3

-10.2

-18.4

-8.2

-22.4

-12.2

10.2

設備操業度

-11.1

-38.9

-27.8

-33.3

-16.7

-16.7

-16.7

0.0

-11.1

-16.7

-11.1

-22.2

-27.8

-5.6

雇用人員

-10.2

-2.0

0.0

-10.2

-16.3

-6.1

-6.1

-14.3

-12.2

-12.2

-14.3

-16.3

-22.4

-6.1