景況関連の報告のページへ        

 

 

月の県内景況調査結果の概要

 

1.主要指標の前年同月比DI値の動き

 6月のDI値は、5月に比べ一進一退。特に「販売価格」「売上高」「設備操業度」DI値に改善が目立つ。2ヶ月連続して上昇した「収益状況」「取引条件」DI値は、再び低下した。

2.県内中小企業の景気の現状

 「景況」DI値は、ー59.2ポイントと一年前の水準になった。中小企業の景気は、個人消費を始めとした国内需要は依然として低調であり、厳しい状況が続いている。

 

最近の主要指標の前年同月比DIの推移

 

H15
 
6

7

8

9

10

11

12

H15
 1

2

3

4

5

6

景況

59.2

61.2

69.4

59.2

49.0

57.1

59.2

69.4

67.3

63.3

65.3

53.1

59.2

6.1

売上高

46.9

34.7

42.9

38.8

28.6

36.7

28.6

53.1

42.9

42.9

46.9

51.0

44.9

6.1

収益状況

51.0

46.9

51.0

51.0

46.9

46.9

46.9

53.1

61.2

61.2

59.1

51.0

55.1

4.1

販売価格

40.8

38.8

24.5

34.7

36.7

40.8

30.6

34.7

40.8

24.5

34.7

42.9

30.6

12.3

取引条件

36.7

26.5

20.4

20.4

24.5

26.5

32.7

32.7

38.8

38.8

32.7

26.5

28.6

2.1

資金繰り

44.9

36.7

51.0

44.9

30.6

42.9

44.9

51.0

53.1

50.0

46.9

44.9

42.9

2.0

設備操業度

20.4

8.2

14.3

12.2

8.2

14.3

8.2

16.3

18.4

18.4

20.4

14.3

6.1

8.2

雇用人員

34.7

34.7

26.5

18.4

26.5

20.4

20.4

26.5

30.6

26.5

34.7

28.6

30.6

2.0