景況関連の報告のページへ        

 

 

8月の県内景況調査結果の概要

1.主要指標の前年同月比DI値の動き

 8月のDI値は、「景況」「収益状況」「販売価格」の3指標がわずかながら改善された。特に「販売価格」DI値は、このところ一進一退を繰り返している。

2.県内中小企業の景気の現状

 「景況」DI値は、2ヶ月連続上昇し、若干持ち直しつつあるが、デフレ不況、冷夏の影響等により、依然として厳しい状況にある。

 

最近の主要指標の前年同月比DIの推移

 

H14
8

9

10

11

12

H15
1

2

3

4

5

6 7

8

景況

69.4

59.2

49.0

57.1

59.2

69.4

67.3

63.3

65.3

53.1

59.2

55.1

51.0

4.1

売上高

42.9

38.8

28.6

36.7

28.6

53.1

42.9

42.9

46.9

51.0

44.9

38.8

38.8

0.0

収益状況

51.0

51.0

46.9

46.9

46.9

53.1

61.2

61.2

59.1

51.0

55.1

51.0

49.0

2.0

販売価格

24.5

34.7

36.7

40.8

30.6

34.7

40.8

24.5

34.7

42.9

30.6

34.7

26.5

8.2

取引条件

20.4

20.4

24.5

26.5

32.7

32.7

38.8

38.8

32.7

26.5

28.6

24.5

26.5

2.0

資金繰り

51.0

44.9

30.6

42.9

44.9

51.0

53.1

50.0

46.9

44.9

42.9

38.8

44.9

6.1

設備操業度

14.3

12.2

8.2

14.3

8.2

16.3

18.4

18.4

20.4

14.3

6.1

0.1

0.5

0.4

雇用人員

26.5

18.4

26.5

20.4

20.4

26.5

30.6

26.5

34.7

28.6

30.6

22.4

26.5

4.1