BCP(事業継続計画)

あなたの会社、大丈夫ですか?

大規模災害など、予期せぬ事態が起こったとき、自社の従業員やその家族を守ることができますか?

東日本大震災が発生した直後、被災した企業は工場などの復旧に何ヶ月も要し、廃業を余儀なくされたケースもありました。また、直接は被災しなかったが、サプライヤなどの関連企業が被災し、長く操業停止せざるを得なかった企業も多々見受けられました。このとき、注目を浴びたのが「BCP(事業継続計画)」です。

 大地震や大雨など災害が起きたときに、どのように事業を継続させていくかは、リスクマネジメント上、大きな課題です。

 この「BCP(事業継続計画)」では、大規模災害等を想定し、自社の根幹となる事業を選別し、いかに目標とする復旧時間内に事業が再開できるかを、あらかじめマニュアル化するものです。

徳島県中小企業団体中央会では、平成26年度より「徳島県中小企業BCP策定支援事業」を開始し、徳島県内の多くの中小企業のBCP策定を支援しています!

関連サイト

徳島県中小企業団体中央会

〒770-8550
徳島県徳島市南末広町5番8-8号
徳島経済産業会館 KIZUNAプラザ 3階

TEL:088-654-4431 FAX:088-625-7059

中央会周辺地図はこちら