(5)定款に定めない方法による役員選挙の是非

Question

「指名推選制を予定する場合の書面議決書の記載内容」私どもの協同組合では、このたびの通常総会において、任期満了による役員改選を行うことになっておりますが、次の点について疑義がありますのでご教示下さい。
なお、当組合の定款では、役員の選出方法は、無記名投票制又は指名推選制となっております。

1.総会当日に組合員の一部が指名推選制に反対することが予想されることから、このたびの役員
 改選に限り、立候補制により役員を選挙したいと考えているのですが、現行定款のまま行って差
 し支えないでしょうか。

2.役員の選出方法として指名推選の方法を予定する場合、総会に出席せず書面により投票に参加
 する組合員に対して、あらかじめ書面議決書により、総会において指名推選を採用することの可
 否について尋ねておく必要があるでしょうか。

Answer

役員の選出方法については、中小企業等協同組合法(以下「組合法」という。)第35条に定められていますが、組合の役員は、総会(総代会)において選出することになっており、役員の選出方法には、大別して「選挙」と「選任」の2つの方法があります。
「選挙」は、1組合員1票の「無記名投票」をもって行うことを原則としていますが、総会の出席者全員に異議のない場合は、例外として「指名推選」の方法によって行うことが認められています。
貴組合の役員選出方法は、これに該当します(なお、「選任」については、「役員選任制の運用」の項を参照)。
さて、はじめに、定款に定めのない方法による役員選挙の是非についてですが、組合法では、役員選挙は「定款の定めるところにより」行わなければならないこととされており(第35条第3項)、このため、第33条において、役員選挙に関する規定を定款の絶対的必要記載事項と定め、選挙の有効、無効に係る基本的手続ないし方法について定款への記載を義務づけています。
したがって、無記名投票制、指名推選制、立候補制のいずれの方法を採る場合であっても、あらかじめその旨の規定を定款に定めておくことが要件となり、よって、定款に定めのない方法による役員選挙はできないと解されます。
次の質問についてですが、指名推選制は、「総会の出席者全員に異議のない場合に限り」、無記名投票の例外として採用が認められ、さらに、この方法を採用した場合においては、被指名人について「総会の出席者全員の同意があった場合に限り」、これを当選人とすることができることになっています。
一方、都合によって総会に出席できない組合員は、その絶対的権利として書面による選挙権行使が認められており、この場合、書面による選挙権の行使者は「総会の出席者」とみなされることになっています(組合法第11条)。
したがって、指名推選の方法によることを予定する場合には、書面による選挙権の行使者に対しては、書面議決書により、あらかじめ次の3つの事項について意思表示(記載)をしてもらっておく必要があるのです。

(1)指名推選の方法による場合の、これの「採用についての可否」

(2)同じく指名推選の方法による場合の、「被指名人の条件」(この時点では、総会当日に誰が
  被指名人となるか分からないので、記載方法としては、例えば、「被指名人に条件はないので、
  同意である。」とか「被指名人に誰それが入っている場合は、不同意である。」等が考えられ
  ます。)

(3)指名推選の方法が採れず投票の方法による場合の、「被選挙人名」

(93-4)

徳島県中小企業団体中央会

〒770-8550
徳島県徳島市南末広町5番8-8号
徳島経済産業会館 KIZUNAプラザ 3階

TEL:088-654-4431 FAX:088-625-7059

中央会周辺地図はこちら